「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2011
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME>よもやま話> お亀岩避難小屋 台風被災 復旧 2004-2005年


お亀岩避難小屋 台風被災 復旧 2004-2005年




★平成16年(2004年)8月21日



屋根の破損は全くない

★平成16年 (2004年) 台風災害 大きな爪痕 

平成16年 紅葉より先に 枯れて変色した木々が 山肌を褐色にしています。

平成16年8月-9月にかけて、来襲した台風の暴風雨が お亀岩避難小屋だけでなく この山域に大きな災害をもたらせました。この付近では 光石登山口からのフスベヨリ谷コースなどが 沢沿いに 大きな災害を受けました。

●台風被災以後のフスベヨリ谷  光石 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 光石 

はやく 以前のような 穏やかな渓谷美の山に戻って欲しいものです。

★平成16年9月4日の状況 

2004年9月4日の状況
下地の ルーフィングがまだ残っている
2004年9月4日の状況

このページの先頭へ


★お亀岩避難小屋 台風被害 平成16年9月11日の状況

平成16年9月の台風16号、18号の二つの台風でお亀岩避難小屋が破損しました。
屋根材が 暴風で剥がれ落ち 内部が漏水し大きな被害を受けました。平成16年9月11日撮影
西熊山下り でお亀岩方面
暴風雨で 木々が褐色に変色
笹が寝ている
お亀岩避難小屋 屋根破損状況
内部 漏水状況 内部漏水状況
天井 壁 漏水状況 屋根 破損状況 西面屋根
破損した 屋根材 屋根破損状況 

このページの先頭へ


★お亀岩避難小屋 台風被害応急復旧 平成16年9月25日撮影

「三嶺を守る会」の方々等のご尽力で、 平成16年9月25日 たちまちの 応急復旧工事が 行われました。
お亀岩避難小屋修理中 お亀岩避難小屋 台風被害応急復旧完了

「三嶺を守る会」の方々には頭が下がる思いだ。

このページの先頭へ


★台風21号のあと 平成16年10月2日撮影

2004年10月2日
外観  屋根材の一部が 飛ばされていた
南側 左から四本目の紐が 切れている 紐の 一本が 外れている
東側 良好 北側良好
内部 東面 雨漏れなし 内部 西面 雨漏れなし

このページの先頭へ


★その後 2004-2005年にかけて

●雪のあるとき
2005年1月8日 2005年1月29日
2005年2月5日 2005年2月13日
2005年2月19日 2005年3月19日


●雪が溶けてから
2005年5月3日 2005年5月14日
2005年6月4日 2005年6月18日
2005年6月25日 2005年7月2日
2005年7月16日 2005年7月24日
2005年7月30日 シートが傷んできた

★平成17年8月 本格復旧工事

「三嶺を守る会」 をはじめ 関係各位の ご尽力で 本格復旧が 始まりました。
復旧工事に携われた方 また 資材 機材 などの 運び上げ にご尽力され また ご協力された方々には 深く感謝申し上げます。
2005年8月6日 2005年8月6日

このページの先頭へ


★復旧工事完成

2005年8月13日 本格復旧完成 2005年8月27日

★おわりに

平成16年 は 相次ぐ 大型台風や相次ぐ集中豪雨など 大自然の猛威が 次々に襲い、 土石流が フスベヨリ谷を 一変させ 多くの倒木が流れでたり、 夥しい風倒木を発生させました。
こうしたなかで 人工の構造物の避難小屋も無事では済みませんで 屋根が破損するなど 大きな被害を受けました。

お亀岩避難小屋を襲った 平成16年の台風被災から 登山道の復旧にはじまり 小屋の屋根のとりあへずの 応急復旧、 そして平成17年にかけての 本格復旧にかけて、その間 実に多くの方々の ご尽力があり、お亀岩避難小屋は もとのように なりました。

これを 見るにつけ この山域の自然を を 心から愛し 自然を大切にしなければと 思っておられる 多くの方々の想いが、 こうした復旧工事などを 支えているのだと 痛感した次第でした。

被災から この一年間  この避難小屋を 通りすがり ばかりで 何の助けにも 役にも立たなかった 私など 誠に 恥ずかしい限りです。

また台風の試練

★お亀岩避難小屋  平成17年9月24日撮影

この山域は2005年9月 台風14号 が襲来し、 また フスベヨリ谷などが 少し変わりました。
8月屋根修理が終わったばかりの お亀岩避難小屋 も台風の試練を受けました。

光石 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚 (1812) 光石>平成17年9月24日
屋根は被害なし トイレドアが一枚ない
男子用トイレ 部屋の中に トイレドア保存
平成17年9月24日撮影



トイレドア修理済み
平成17年11月5日撮影

このページの先頭へ


★無人小屋でありながらも



平成17年11月5日撮影
お亀岩避難小屋は いつ訪れても きれいに適切に管理されている。

ストーブのあたりの 整理整頓された、きれいさは この避難小屋を愛する人々の気持ちが 隅々に あらわれていて とても 気持ちがよい。

この避難小屋は 昨年 今年と 幾度か 台風の試練を経たが、山小屋を愛する多くの人々のおかげで 復旧修理され、 無人でありながらも 常に 適切に手入れしつづけられ 管理され 運用されてきている。

この無人の避難小屋を見るたびに、この山域に 思いを寄せ、山小屋を愛する、多くの人々の 下支えこそが、本当に大切なのだと つくづく思う次第である。

平成16年9月11日 第一版
平成16年10月2日 改訂増補
平成17年11月19日 更新

「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2011
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME>よもやま話> お亀岩避難小屋 台風被災 復旧 2004-2005年

http://shumiyama.web.fc2.com/
「趣味の山歩き ますます深くなる 近くの山域」 趣深山
Copyright(c) 2002-2011  趣深山 All Rights Reserved
サイトポリシー
ご意見 ご感想 お問い合わせ など お待ちしてます。 

このページの先頭へ

inserted by FC2 system