「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2011
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME>よもやま話> 花は盛りに


花は盛りに


山稜は 少し前まで咲いていた花にとってかわって また別の花が


平成18年8月20日撮影

山稜は 少し前まで咲いていた花にとってかわって また別の花が 咲き出していた。

毎週のように この山域に来ていると、一週ごとに、少しずつ変化する花、草木などの植物、虫や鳥など動物の変化で季節の移ろいに気づく。

あれほど 青々しく 勢いのあった ミヤマクマザサも少し変化し 笹の間からのびる草は 少し黄色みを帯びてきた。

やかましいほどの蝉の声も、すっかり秋の虫の音にとってかわってきた。

まもなく秋独特の 鹿の鳴き声が 山中に響きわたり 深まる秋を感じさせてくれる。

こうして 山の自然の季節の移り変わりを 体感することができるのも この山域に 足繁く通い続けているからだろう。


特定の種類の花の開花に一喜一憂して フィーバーするのも良いが、様々な種類の花の動きや、草木の少しづつの変化など、数多くの動植物の動きとか、さらには標高の高いところから下の山里などが 季節とともに少しずつ変わっていく山全体の自然の様子など、これらをすべてを山歩きを通じて、じっくり 味わう方が 私には ずっと興味深く おもしろいのである。

花は盛りに



 「花は盛りに、月は隈なきをのみ、見るものかは。
雨に対ひて月を恋ひ、垂れこめて春の行衛知らぬも、なほ、あはれに情深し。
咲きぬべきほどの梢、散り萎れたる庭などこそ、見所多けれ。」

徒然草 第百三十七段



ガスで視界のきかない状態でも
山稜歩きをじっくり味わうことができる。

平成18年8月20日撮影




人気のある山は、登山者が多い。

平成18年8月20日撮影


2006年8月21日 第1版制作
http://www.lnt.org/


「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2011
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME>よもやま話> 花は盛りに

http://shumiyama.web.fc2.com/
「趣味の山歩き ますます深くなる 近くの山域」 趣深山
Copyright(c) 2002-2011  趣深山 All Rights Reserved
サイトポリシー
ご意見 ご感想 お問い合わせ など お待ちしてます。 

ページ先頭に戻る

inserted by FC2 system