「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2011
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME>よもやま話>リハビリ登山再開


リハビリ登山再開


平成19年5月3日 自転車で「遭難」のあと やっとリハビリ登山を再開


平成19年4月28日の津志嶽 黒笠山 丸笹山 八面山の長い周回から 中4日、
5月3日 牛ノ背 天狗塚 三嶺 剣山の縦走。
のあと車まで戻る途中

平成19年5月3日 自転車で「遭難」
よもやま話>骨折箇所 まだ 治らず

平成19年5月3日の自転車で転倒事故をおこし 骨折して しばらく 山行がで
きなかったが 2ヶ月の充電期間を経て やっとリハビリ登山を再開すること
ができた。

皿ヶ嶺 (1270) >平成19年7月8日




あやまちのない人生


「あやまちのない人生というやつは味気ないものです、心になんの傷ももたな
い人間がつまらないように、生きている以上、つまずいたり転んだり、失敗を
くり返したりするのが自然です、そうして人間らしく成長するのでしょうが、
しなくて済むあやまち、取返しのつかないあやまちは避けるほうがいい」

「橋の下」  山本周五郎著
『小説新潮  昭和32年1月号』
『日日平安』  新潮文庫 や−2−9

リハビリ登山再開にあたって


リハビリ登山再開にあたって


平成19年5月3日の自転車で転倒事故をおこし 骨折して しばらく 山行がで
きなかったが 2ヶ月の充電期間を経て やっとリハビリ登山を再開すること
ができた。

「山は最良の教師」というが、痛い目にあって また 多くのことを学んだ。

 今度の事故の教訓は 表面的な直接原因よりも その背景で人間を支配した
心の動きなど心理的な面に多くの学ぶところがあった。 

え! こんなところで と思うようなところでも 実際 事故は起きるものだ
った。安全そうな 山歩きも つねに 危険が潜んでいた。もとより 危険の
芽となる リスクは どんなところにも潜在的に潜んでいるが、それが実際に
事故に結びつくかどうかは 人間が うまく 危険を回避できるかどうかにか
かっていた。

急ぎのこころ 焦りのこころ 奢りのこころ があっては 「ものごと」が全
く見えなかった。

過去の成功体験に奢り、謙虚さを失い、聞く耳持たぬ傲慢さが支配、自己の過
信に陥っていると、危険をあらかじめ察知し、事前に避ける手当はなくなって
いた。

今度のことは 嫌というほど 身に沁みた痛い教訓であって 当分忘れないだ
ろう。

 ただし リハビリ登山再開に当たって 更に自戒しなければいけないことがある。

人間は 過去の痛い経験にもとずく 知識などが働くからなのだろうか もう
二度と同じ過ちはしないと 心に誓うものだ。
だが、のど元過ぎれば 熱さ忘れるとは よくいったもので、はじめは 固く
心に誓っていても、やがて 次第にその気持ちも薄らいでくる。

私の 過去の拙い山歴をひもとくと、大小の程度はあっても、痛い目にあった
あと、しばらくは 新鮮な気持ちが続く間は、 二度と失敗をおこすまいと思
い続けることができる。しかし やがて気持ちも薄らぎ そのうち忘却、元に
戻り やがて また痛い目に遭う。この繰り返しのパターンが多い。今度の失
敗も のど元過ぎればのとおり やがては 元の木阿弥になるかもしれない。
いったい 人間は どれだけ痛い目にあえば 骨身にしみるのだろうかと思っ
たりする。

今後 この繰り返しのパターンにならないためには 常に こころを穏やかに
もち 謙虚さを失わず いることしかない。過去の失敗を生かすことができる
かどうかはこうした気持ちを持ち続ける 努力をつねに怠らないことだ。

今後は
あせらず あわてず あなどらず
マイペースで 山行を続けていきたい。

山を続けるかぎり、遭難は宿命の同居人である。


「木漏れ日の山路にも、厳しい雪稜にも、事故は一様に待ちかまえている。」

『山岳遭難の構図』 青山千影 平成19年 東京新聞出版局



「山を続けるかぎり、遭難は宿命の同居人である。その事実から目をそむけず
に、地道な努力を重ねることによって、はじめて「してやったり」という遡行
が生まれるのである。」

『道なき渓への招待』  高桑信一著 1998年 東京新聞出版局


2007年7月11日 第1版制作
http://www.lnt.org/


「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2011
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME>よもやま話>リハビリ登山再開

http://shumiyama.web.fc2.com/
「趣味の山歩き ますます深くなる 近くの山域」 趣深山
Copyright(c) 2002-2011  趣深山 All Rights Reserved
サイトポリシー
ご意見 ご感想 お問い合わせ など お待ちしてます。 

ページ先頭に戻る

inserted by FC2 system