「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2011
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 >天狗塚(1812)綱附森(1643)


無雪期

天狗塚(1812) 綱附森 (1643)


徳島県美馬郡一宇村 徳島県三好郡東祖谷山村 高知県香美郡物部村
ここで紹介している山々は、本州の著名山に比べると、登山道や指導標は未整備です。
それは自然が多く残っていて、この山域のいいところなのですが、この山域では、登山者は自己責任での行動が求められます。
コースタイムはご参考程度にしてください。
●この山域への 交通機関
●この山域の地形、地質と気象
剣山山頂の気象(平年値極値)

★概念図 
平成15年6月1日の記録

平成16年10月17日 晴れ 

祖谷山林道 3.5キロポストP地点 7:25 --- オコヤトコ 7:37 --- 尾根へ上がる 7:58 --1486P 9:05 --縦走路 9:44 --牛の背三角点 10:04 --- 天狗塚 (10:45-11:03) -- 天狗峠 11:19 --堂床分岐 12:16 -- 綱附森 (13:24 -13:45)--綱附森登山口 15:18-- 矢筈峠 15:27 -- 祖谷山林道 3.5キロポストP地点 16:47

累計歩行距離 21.590km 累計標高差 1758m

カラマツ林は今年は台風で葉が痛んでいるせいか 黄葉にはなりそうもない位 葉をおとしている。
牛の背三角点へ 「快晴 10.2度 3-5m 東風 心地よい風だ」
天狗塚山頂 10:55「15度 1-2m 風弱まる 快晴 暑く感じる。」
綱附森山頂 13:38 「14.6度 南よりの風 1-2m 心地良い風だ。快晴 今日歩いてきた 牛の背 天狗塚 の稜線が 一望の下に見える。」

山行記録詳細と写真
平成16年4月10日 晴れ 

祖谷山林道 3.5キロポストP地点 9:43 --- オコヤトコ 9:54 --- 尾根へ上がる 10:14 --1486P 11:19 --縦走路 12:05 --牛の背三角点 12:24 ---- 天狗塚 (12:57-13:14) -- 天狗峠 13:29 --堂床分岐 14:14 -- 綱附森 (15:21 -15:43)--綱附森登山口 16:59-- 矢筈峠 17:10 -- 祖谷山林道 3.5キロポストP地点 18:15

累計歩行距離 21.249km 累計標高差 1728m


天狗塚山頂 13:10「15度 1mの微風 快晴 暑く感じる。 雪がすっかり溶けて 牛の背 谷筋に 少し残るぐらいだ。」

山行記録 詳細と写真はここ
平成15年6月1日   曇り 晴れ 

谷道7:40 -- 天狗塚 (10:39-11:00) -- 天狗峠 11:21 --堂床分岐 12:40-- 綱附森 (14:13 -14:56)- 矢筈峠 16:25 -- 谷道 17:15

累計歩行距離19.2km 累計標高差1626m


谷道よりの道は 新しく 指導標が整備されていた。看板ばかりよくても道自体は そんなによくない。
10時55分天狗塚山頂 「北西の風やや冷たい プラス9度 じっとしていると肌寒い 風がガスと一緒にながれる 一瞬ガスがうっすらとなり 雲が薄くなって 太陽が僅かに近くなったと感じられたがまたすぐにガス。ツツジは少し残っていた。」
自然林がたくさん残る縦走路だ。昼過ぎから やがて ガスが切れ 牛の背 から 天狗塚 三嶺までの 稜線が しっかり 見えてきた。

山行記録 詳細と写真はここ
平成13年12月1日  晴れ 

谷道 10:02 -- 天狗塚 (12:42-14:05) -- 天狗峠 14:20 --堂床分岐 15:03-- 綱附森 (16:01 -16:20)- 矢筈峠 17:45 -- 谷道 18:49

累計歩行距離19.2km 累計標高差1626m


所々に雪が降ったあとが残る。
13時55分天狗塚山頂 「先週までと比べて 静かな山頂だ。12月にはいるとぐっと人が減る。快晴 剣山 次郎笈 三嶺すべて見える。」
16時10分 綱附森山頂 「 夕暮れが迫ってきた 三嶺から天狗塚にかけての眺望がすばらしい。」

山行記録 詳細と写真はここ
平成13年11月18日  晴れ 

矢筈峠 6:39 --綱附森 (8:40 -9:08)---堂床分岐 9:55---天狗峠 11:30 ---天狗塚 (11:48-12:18) -- 天狗峠 12:31 --堂床分岐 13:22-- 綱附森 (14:30 -14:55)- 矢筈峠 16:29

累計歩行距離 19.35km 累計標高差 1607m

片道9.7kmの往復ピストンコース
笹の上に 降りた霜が 溶けて 足下がしっかり濡れる。 冷たい。
終始見える 天狗塚の形は 縦走路の位置によって 山の形が微妙に変化していく。 
雪が降ったあとが残る。
12時10分 天狗塚山頂 「6人パーティーが池の方へ下山して静かな山頂が楽しめたが、残念ながらガスがわいてきた。」
14時40分 綱附森山頂 「北の風かなり吹く 4度C 冷たい。」

山行記録 詳細と写真はここ

GPSトラックログ
カシミール(杉本智彦氏作)利用
「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平15総使、第387号)」

平成14年10月10日 第一版
平成16年10月17日 最新改訂増補
ご注意
この登山道は十分には整備されていません。険しい山道が続いています。
気象条件やあなたの技量と体調をよく考えて、適切な装備を準備した上で、くれぐれも慎重に判断し自己責任で行動してください。
自然へのインパクトを出来る限り少なくするよう心がけましょう。

http://www.lnt.org/

「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2011
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 >天狗塚(1812)綱附森(1643)

http://shumiyama.web.fc2.com/
「趣味の山歩き ますます深くなる 近くの山域」 趣深山
Copyright(c) 2002-2011 趣深山 All Rights Reserved
サイトポリシー
ご意見 ご感想 お問い合わせ など お待ちしてます。 

このページの先頭へ

inserted by FC2 system