「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2011
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 > 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛ノ背(1757)西熊山東側 北尾根経由 > 平成15年10月25日


無雪期

西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛の背(1757) 西熊山東側 北尾根経由   

徳島県美馬郡一宇村 徳島県三好郡東祖谷山村 高知県香美郡物部村
ここで紹介している山々は、本州の著名山に比べると、登山道や指導標は未整備です。
それは自然が多く残っていて、この山域のいいところなのですが、この山域では、登山者は自己責任での慎重な行動が求められます。
コースタイムはご参考程度にしてください。
☆ 山行記録の編集方針について  もご覧下さい。
●この山域への 交通機関 アクセス
●この山域の地形、地質と気象
剣山山頂の気象(平年値極値)

ふるさと林道 阿佐名頃線 経由

無雪期 獣道コースです。難路が含まれています。未知のルートに挑む 読図力 技術 経験 精神力 体力が必要です。 
自然豊かな 獣道を 利用するところがある ルートです。 
くれぐれも 野生動物と ルートファインディングには ご注意下さい。
途中で引き返すにも 大変な労力を 要する場合が考えられます。
それなりの準備と 装備 体調 などを考慮し 天候を見定めて 自己責任にて 慎重に 行動することが求められます。
●二万五千分の一地図  「京上」 「久保沼井」
平成15年10月25日 晴れ

西山林道P地点  7:38-- イザリ峠登山口 7:59 -- ふるさと林道阿佐名頃線  登り口 8:47 --久保谷東俣 徒渉地点 9:20 --- 尾根取り付き点 9:30 --縦走路 12:14 --西熊山 (12:30-13:20) --お亀岩 13:38 --天狗峠 14:15 -- 天狗塚山頂 (14:29-15:25) -- 牛の背三角点 15:56 ----林道 17:17 --P地点 17:29

累計歩行距離 17.10km 累計標高差 1615m

絶好の快晴に恵まれ、西山栗園付近で駐車し、出発。紅葉は 下の方が見頃で 上は やや 盛りを過ぎた感じだったが、イザリ峠登山口は すでに満車状態で 他に2台の車が 少し 離れたところに 駐車してあった。

更にコンクリート舗装の林道(ふるさと林道 阿佐名頃線)を歩き、 工事中終点のあたりから、山仕事道を経由して 斜めに登り、地図 に出ている旧道で山腹をトラバースしていくと、すぐに 久保谷東俣 へ おり 転石づたいに 徒渉し、適当なところから 樹林帯に つけられた 獣道に入る。登り途中で  地籍調査 のピンクテープと 壊れた トタン屋根の跡があり、 大きなブリキ製の水入れも 残っていた。

このあと 樹林帯の中 獣道を繋いでいって辿っていくと 自然林の中 笹が 深くなり 野生生物の 足跡がおおくなる。 途中 鹿の 接近遭遇 も何度か あり、やはり野生動物の 宝庫のような 樹林帯だと感じる。
1650m位で ほぼ 樹林帯を 抜け出て、気持ちの良い笹原にで 大休止する。

三嶺が いつもの アングルとは違う 状態で きれいに 見えて、近くになった縦走路には 人影が見える。
湧水が あり 水を求めてくる 野生動物の くつろぎの場になっているような 箇所もあった。
更に 笹につけられた獣道を 適当に繋いで いって やっと 縦走路に出る。

やはり 人の道は 歩きやすい いい道だ。
この後 西熊山 天狗塚 山頂で ゆっくり 眺望を 楽しみながら 大休止を繰り返し 牛の背を経由縦走して 下山。

天狗塚 15:15 「気温10度 風4m 汗もかかず いい季候だ」

このページの先頭へ

☆コースメモ

 下部は山仕事道を利用させてもらい  中間から上は 獣道を 繋いでいくルートです。

この尾根は、縦走路を通るとき いつも 上部が 広大に開けた気持ちの良い 笹原で、上部は開けているし、ほぼ枝尾根のない 一直線の尾根で 北側に伸びていて 効率よく 登れたり下れたりする ことが出来そうだ と以前から、特に 注目していまして、過去 何度か 下りたい 誘惑にかられましたが、 縦走路から見ても 地図上で確かめても 尾根の取り付き点あたりが 急な谷になっていて 悪場がありそうなので 躊躇っていましたが、三嶺北西尾根から 1806mピーク経由 三嶺を登ったとき 地図上の 捲き道を 確認しましたが 東側から なら 何とか尾根に取り付けそうだ。という 感触を得ました。

尾根にとりついてからも 登山道はなく 獣道を 繋ぎながらの ルートです。 藪や笹の中での ルートファインディングには 苦労します。

登山道が 無いため 人の気配が無く 野生動物にとっては 安住の楽園となっているなという 感じがしました。


Leave No Trace (http://www.lnt.org/index.php)
日本語のページ
(http://www.lnt.org/TeachingLNT/LNTJapanese.php)


☆林業作業道と 駐車場所についての 注意

この付近 林業の作業 が 行われています。日曜 祭日関係なしに 大型トラックが 頻繁に行き交うことがあります
林業用 作業道への 関係車両以外の 進入は 禁止されていますので ご注意下さい。

コンクリート舗装された ふるさと林道 阿佐名頃線(久保陰工区)は 開通していませんで、現在 工事中です。
一般車は工事車両の邪魔にならないように しないといけません。

駐車スペースは 大抵 資材や 土砂置き場になっていて 一般車の駐車は 工事の邪魔になり 困難です。
遙か手前の 邪魔にならない 十分に広い 安全な地点で 駐車して あとは徒歩で 行くしかありません。


☆林道 と 作業道 

「林道 」 と 「作業道 」の違いは 一見しても 素人には ややこしいところがあります。
ここでは  コンクリート舗装された ふるさと林道 など 一般車が通る可能性 を前提に作られている幹線を 「林道」とし「林道」から 枝分かれして 林業の作業専用だけに 規格を落として 作られている 道を 「作業道 」としています。

「作業道」は 一般車の通行は はじめから出来ませんが、
「林道」で 一般車の走行が 出来るように建設 されていても、  その林道の管理者が 管理上 鉄製ゲートや チェーン規制を 行うことがあります ので 実際に その「林道」 を 一般車が通れるかどうかは わかりません。

徳島県農林水産部農山村整備局森林整備課の良くある質問 をご参考にしてください。(ここ
 GPS断面図

カシミール(杉本智彦氏作)利用

三嶺を見る

このページの先頭へ


赤テープなどについての 私の考え方は ここにあります。

これだけ自然が豊富な 場所に 赤テープのような 所詮は ビニールゴミになる ようなものを 残置しないように したいというのが私の考えです。
(ビニールよりは まだ 木綿の 赤布なら救えるけれど )それでも 付けないのが 一番 でしょう。
山は 登山者だけのもではありません。 山里の人 林業関係者 には ことに 赤テープは 嫌われます。
また 赤テープは  あとからくる 登山者の ルートファインディングの 楽しみを  奪ってしまうものなのです。
後から来る人のためにも 地図 磁石 何だったら GPSを 積極的に 活用しましょうと いうのが 私の考えです。 

ツキノワグマに関するサイトは

日本ツキノワグマ研究所
lhttp://ha3.seikyou.ne.jp/home/kmaita/
ツキノワグマ痕跡写真集
http://www.bekkoame.ne.jp/~fujitama/

「山でクマに会う方法 これだけは知っておきたいクマの常識」
     米田一彦 著     1996年10月10日 山と渓谷社
高知県香美郡物部村別府峡にて 高知県香美郡物部村別府峡にて

このページの先頭へ


平成15年10月26日第一版
平成16年1月1日  改訂

ご注意
この登山道は十分には整備されていません。険しい山道が続いています。
気象条件やあなたの技量と体調をよく考えて、適切な装備を準備した上で、くれぐれも慎重に判断し自己責任で行動してください。
自然へのインパクトを出来る限り少なくするよう心がけましょう。

http://www.lnt.org/

「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2011
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 > 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛ノ背(1757)西熊山東側 北尾根経由 > 平成15年10月25日

http://shumiyama.web.fc2.com/
「趣味の山歩き ますます深くなる 近くの山域」 趣深山
Copyright(c) 2002-2011  趣深山 All Rights Reserved
サイトポリシー
ご意見 ご感想 お問い合わせ など お待ちしてます。 

このページの先頭へ

inserted by FC2 system