HOME山行記録 >三嶺(1893)西熊山(1816)天狗塚(1812)牛の背(1757) > 令和6年4月20日

令和6年4月20日三嶺(1893)西熊山(1816)天狗塚(1812)牛の背(1757)

★令和6年4月20日概念図 記録 写真





令和6年4月20日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812) 牛の背(1757)

【日時】 2024 令和6年4月20日

【天候】 曇

【コース】 菅生 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812) 牛の背(1757) 菅生

【記録】

いやしの温泉郷 発 4:52 --- 林用作業小屋跡 6:23 --- 1791m標高点 7:58 --- 菅生下山口標識 8:17 ---三嶺 ( 8:32-8:46 )--- 西熊山 ( 9:50-10:04 ) --- お亀岩 10:20 --- 天狗峠綱附森分岐 10:49 --- 天狗峠西山林道分岐 10:55 --- 天狗塚山頂 ( 11:08-11:18 ) --- 牛の背三角点 11:47 --- 西山林道砂防堰堤 12:44 --- 西山林道天狗塚登山口 13:29 --- いやしの温泉郷 着 15:11

【山頂】

しらじらと夜が明けてくるなか いやしの温泉郷を出発。

明るくなると 曇り。

■三嶺 「プラス10.4度 南 4.8m 曇り 剣山 次郎笈 天狗塚 梶ヶ森 見える。遠くは 赤星山 本山町白髪山 までは見えるが 以遠は 黄砂の影響か 春霞か で霞んでいる。」(累計登頂回数 825回)

■西熊山 「プラス13.5度 南 1.5m 曇り。三嶺 次郎笈 天狗塚 見える。遠くは 赤星山〜東赤石山系 見える。」(累計登頂回数 683回)

■天狗塚 「プラス10.1度 南 6.4-4.0m 曇り。三嶺 剣山 次郎笈 見える。風がでてきたかからか 遠くの視程が少し回復し 赤星山から 東赤石〜笹ヶ峰山系 見える。 石鎚山系も 少しボンヤリしているが見える。」(累計登頂回数 765回)

■牛の背 三角点 (累計登頂回数 535回)

いやしの温泉付近では 一部の遅咲き桜が まだ咲いているものの、ほとんどの新緑が眩くなってきていた。

前週 まだ葉桜だったのが この一週間で 一気に変化。例年に比べ 季節の進みかたが 今年は はやい ようだ。

■この日 山中で 出会った登山者は 西熊山〜お亀岩 1名。天狗峠 5名。牛の背 2名。計 8名。

■ 天狗塚登山口 駐車車両 2台。

■2024 令和6年4月20日現在
累計山行日数 2066日(内 四国 1676日)

-----------------------------------------
いやしの温泉郷 及び 奥祖谷観光周遊モノレール 休業中。
-----------------------------------------


【動画】

https://youtu.be/3Jy80aL5pvI



【写真】

flickr
https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72177720316349185/

ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-6684679.html

YAMAP
https://yamap.com/activities/31102067



-----------------------------------------------------------
ガーミンGPSMAP66i ライブトラッキング(2024年4月20日)
-----------------------------------------------------------



■2024年4月20日 GARMIN GPSMAP66iのライブトラッキングを実施。

GPSMAP66iにて イリジウム衛星経由で 10分ごとの現在位置をリアルタイムでWEBサイトに表示。 

ライブトラッキング、メールでの双方向通信 ともに順調。

(携帯電話圏外エリアでも作動)

-----------------------------------------------------------

【APRS】

2024年4月20日 APRS(Automatic Packet Reporting System)

APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。

ただしアマチュア無線家の皆様によって運営されていて アマチュア無線従事者の資格と アマチュア無線局の開局免許が必要となります。
今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家のみなさんには 大変お世話になり ありがとうございました。



「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=86400&tail=86400
アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7 



「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用。
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400



「 JJ5MDM-7 」と「 JJ5MDM-5 」を 同時に表示
http://aprs.fi/#!mt=roadmap&z=11&call=a%2FJJ5MDM-7%2Ca%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400/


-----------------------------------------------------------

IBUKI.run 活動ログLIVE配信 2024年4月20日



https://ibuki.run/
3分毎にリアルタイムに現在位置を表示公開。

ただし 携帯電話圏外エリアでは リアルタイムには表示できず、携帯電話圏内になって はじめて表示できるようになる。

-----------------------------------------------------------

ココヘリSUMMIT




ココヘリSUMMIT

■ ココヘリが GPS付をリリース。

山岳遭難対策として使用していたココヘリは ヒトココ ヤマモリの時代からの初期の製品であったが、今般 GPS機能付きのココヘリSUMMITがリリースされたので 新型に切り替えてみた。

■ココヘリSUMMITは ソニーの エルトレス( SONY ELTRES)通信を使用

従来のココヘリは 探索用方向探知機で 雪崩ビーコンのように 電波の方向から 居場所を追いかけて 探していくシステムだったがココヘリSUMMITは GPSでの 位置情報を発信。

■ココヘリにGPSを搭載し位置情報を3分毎に発信 (電池残量減だと12分間隔に)

■通信には ソニーの エルトレス( SONY ELTRES)を使用

(ELTRES SONY ELTRESは 低消費電力 安定通信・長距離伝送・高速移動体対応が特徴)

■搭載する電池の残容量から

はじめ7日間は GPSの位置情報を3分間隔。
その後7日間は 12分間隔。

その後はGPS機能は停止するが さらに2ヶ月間にわたり 従来のココヘリとしての機能が維持される。

合計 2ヶ月半の間 山岳遭難対策として 強力に機能してくれるのは 心強いところだが サブスクの値が高いのが残念。



山岳地帯では 標高の高い所では通信可能のようだが 標高の低い 谷間では 通信不可となっているようだ。

■ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社のWEBサイト

通信可能 エリア
https://eltres-iot.jp/area/area.html

まだ 使いはじめたところで 全く 不慣れなのだが 今後は GPSの機能を活かせるよう 色々と 試しながら 機器の習熟度をあげて いきたい。

ELTRES 概要
https://eltres-iot.jp/overview/

-----------------------------------------------------------

【気象】


2024年4月20日 午前9時 地上天気図



2024年4月20日 午前9時 500,300hPa高層天気図



2024年4月20日 午前9時 850,700hPa高層天気図


2024年4月20日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画 (国際気象海洋株式会社)





短期予報解説資料





  • 趣深山shumiyama.com 2024年4月20日
  • 趣深山Jimdo 2024年4月20日
  • 2024年4月20日 fc2
  • 2024年4月20日 xdomain
  • 趣深山ブログ goo 2024年4月20日
  • 趣深山ブログ fc2 2024年4月20日


  • ●二万五千分の一地図  「久保沼井」「京上」 「北川」 「剣山」
    令和6年4月20日第一版

    ご注意
    この登山道は十分には整備されていません。険しい山道が続いています。
    気象条件やあなたの技量と体調をよく考えて、適切な装備を準備した上で、くれぐれも慎重に判断し自己責任で行動してください。
    自然へのインパクトを出来る限り少なくするよう心がけましょう。

    [ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ]


    [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

     | Twitter  | Twilog  | 瀬戸内編  | YouTube動画チャンネル |  趣深山 Jimdo |  日付順 | 山別 |

    HOME山行記録 > 三嶺(1893)西熊山(1816)天狗塚(1812)牛の背(1757) > 令和6年4月20日

    http://shumiyama.com
    http://shumiyama.jimdo.com/
    http://shumiyama.web.fc2.com/
    http://shumiyama.html.xdomain.jp/

    「趣味の山歩き ますます深くなる 近くの山域」 趣深山
    Copyright(C) since2002  趣深山 All Rights Reserved
    サイトポリシー
    ご意見 ご感想 お問い合わせ など お待ちしてます。 

    このページの先頭へ

    inserted by FC2 system