山域地図

「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2011
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 > 見ノ越 剣山(1955) 次郎笈(1930) 丸石(1683) 高ノ瀬(1740) 三嶺(1893) 名頃 > 平成20年6月7日


 見ノ越 剣山(1955) 次郎笈(1930) 丸石(1683) 高ノ瀬(1740) 三嶺(1893) 名頃


★概念図



●二万五千分の一地図 「剣山」 「京上」 「久保沼井」 「北川」

記録

平成20年6月7日

見ノ越 剣山(1955) 次郎笈(1930) 丸石(1683) 高ノ瀬(1740) 三嶺(1893) 名頃

晴れ 曇り

【コースタイム】

見ノ越 駐車地点 3:30 --剣神社 3:33 --西島リフト駅 4:07 -- 剣山 (4:35-4:46)--次郎笈 (5:21-5:30) ---スーパー林道下降点 5:59 --丸石 (6:14-6:28) ---丸石避難小屋 6:49 --奥祖谷かずら橋下降点 6:52 -荒廃した小屋跡 7:07--- 伊勢の岩屋への分岐標識 7:17---高ノ瀬 (7:31-7:50)--石立山分岐 8:08 --1732m地点 (8:37-8:48) --1700m三角点 9:11 --白髪避難小屋 9:36 --白髪山分岐 9:46 --カヤハゲ 10:12 --三嶺( 10:56-11:44 )--ダケモミの丘 分岐標識 12:23 ---平尾谷登山口 12:47 --名頃駐車場 13:13-13:29 ---- 名頃バス停 13:32

名頃バス停 13:43======(バス乗車)======見ノ越 14:08着


【詳細】

剣山 「8.6度 6-7m 西風 晴れ 東の空が明るくなった。 三嶺 矢筈山 
塔の丸 見える。」

次郎笈 「8.4度 0.7m 風弱い 晴れから曇り 朝日がさしてきた。三嶺 天
狗塚 見える。」

丸石 「10.2度 2m 南風 曇り。 剣山 次郎笈 三嶺 天狗塚 矢筈山系
見える。」

高ノ瀬 「11.6度 0.6m 風弱く 曇り。石立山は見える。三嶺 矢筈山系 
方面は葉が茂ってきて見えない。 」

三嶺 「11.2度 3m  西風 曇り 剣山 次郎笈 天狗塚 見える。
赤石山系 笹ヶ峰なども見える。」

三好市営バス時刻表(東祖谷地区)


三好市営バス時刻表(東祖谷地区)


三好市営バス情報詳細ページ   市営バス
ぐるっと剣山登山バス

バス情報

剣山行き路線バスのご案内【H20.6.1運行】
PDF 〔44KB〕
三好市東祖谷地区スクールバス運行時刻 【H20.6.1運行】
PDF 〔110KB〕


ご注意
 
●ぐるっと剣山登山バスの 19年度版が HP上で 表示されているのもあるが、
最新版はこちら

●平成20年6月1日よりダイヤ改正があったが バス停の時刻表などまだ 張り替え作業ができていないところもあった。(名頃バス停など)

東祖谷地区 ダイヤ改正 20年6月1日

このページの先頭へ

写真




剣山山頂
夜明け。




次郎笈下り。
高ノ瀬 丸石に 次郎笈の山影が 伸びる。
下の 2008年5月17日の時と見比べてみる。
新緑が上って、下から緑が濃くなっているのがよくわかる。

太陽の位置も変わってきている。



次郎笈の山影。
5月17日撮影。
2008年5月17日



石立山分岐から1732m標高点にかけて。
6月7日。新緑が 稜線まで達している。
下の 5月17日と比べると よく分かる。



上と同じ ポイントで 5月17日撮影。
2008年5月17日
このとき 谷の方から新緑前線が急速に登ってきていた。




1732m標高点から 剣山 次郎笈を見る。
このポイントは 剣山 三嶺 間 縦走路の中でも 広々とした気持ちの良い 場所で 特にお気に入りの箇所です。






三嶺山頂から三嶺ヒュッテ。剣山方面。

6月7日撮影。

5月17日に比べ
コメツツジの色など注目。



上と同じ 場所で
5月17日撮影。

2008年5月17日

写真の続きは
BLOGの写真


このページの先頭へ

GoogleEarth 、 断面図



【GoogleEarth】kml

GoogleMaps




断面図

このページの先頭へ

★天気図

平成20年6月7日9時 
地上天気図
平成20年6月7日9時
高層天気図 700hPa 850hPa

気象庁 提供

このページの先頭へ

植生回復


洗掘

このページの先頭へ


剣山 三嶺 間 縦走記録 日付順

2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003〜1998年
2008 05 17 2007 12 09 2006 11 03 2005 10 09 2004 06 05 2003年6月21日
 2008 04 26 2007 11 17 2006 10 08 2005 08 27 2004 05 15 2002年5月19日
 2008 03 22   2007 05 03 2006 06 17 2005 07 16    2001年4月28日
 2008 01 19  2007 02 10 2006 04 29 2005 06 04   2000年6月24-25日
    2007 01 20 2006 03 11 2005 04 24   1998年7月5日
      2006 01 29 2005 03 12    

剣山 三嶺 間 縦走記録

見ノ越 詳細図 2008年版 [ 見ノ越詳細図2006年]

剣山 三嶺 間 縦走記録

無雪期


積雪期


平成20年6月7日 第一版

ご注意
この登山道は十分には整備されていません。険しい山道が続いています。
気象条件やあなたの技量と体調をよく考えて、適切な装備を準備した上で、くれぐれも慎重に判断し自己責任で行動してください。
自然へのインパクトを出来る限り少なくするよう心がけましょう。
http://www.lnt.org/


「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2011
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 > 見ノ越 剣山(1955) 次郎笈(1930) 丸石(1683) 高ノ瀬(1740) 三嶺(1893) 名頃 > 平成20年6月7日

http://shumiyama.web.fc2.com/
「趣味の山歩き ますます深くなる 近くの山域」 趣深山
Copyright(c) 2002-2011  趣深山 All Rights Reserved
サイトポリシー
ご意見 ご感想 お問い合わせ など お待ちしてます。 

このページの先頭へ

inserted by FC2 system