「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2011
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 >積雪期>残雪期>矢筈山(1848) > 平成20年4月20日


矢筈山(1848)


★概念図



記録

矢筈山 (1848)

【日時】平成20年4月20日

【天候】曇り

【コースタイム】

木地屋 林道大惣線駐車地点 6:33 ---- 矢筈山 (9:47-10:13)----木地屋 林
道大惣線駐車地点 13:04

【山頂】

矢筈山 「プラス2.3度 風2m ガス。何も見えず。」

【同行者】
なし
【過去の記録】

写真




矢筈山 山頂 三角点標石 露出
先週 は まだ埋まっていた

矢筈山頂

今年2月16日 標識に立てかけてあるアルミのポールが ほんの少し雪面からでていたが、雪が解けて見てみると、このとき約1m80cmくらいの積雪量だったと思われる。
もともと この山頂は風が強く吹き、雪が吹き飛ばされ あまり積もらない場所なのだが、ここで これだけの積雪量があるということは 今冬は かなりの大雪だったといえる。





雪の豊富な雪面を 満喫する。



北東面を下る。残雪が多い。




残雪が まだ かなり たまっているところもある。





矢筈山 北東面 、膳棚 北面 は やはり 雪が多い。
たっぷり 楽しませてもらった。





このページの先頭へ

このページの先頭へ

★天気図

平成20年4月20日9時 
地上天気図
平成20年4月20日9時
高層天気図 700hPa 850hPa

気象庁 提供

★定点観測地点

[ 白滝山 ]
[ 石堂山 ] [ 石堂山 山頂東 五号標識 ] [ 石堂山 南 水場標識 ] [ お塔石標識 ]
[ 矢筈山 ] [ サガリハゲ分岐標識 ] [ 矢筈山 北側 稜線 ]
[ 落合峠 ]

平成20年4月20日 第一版

ご注意
この登山道は十分には整備されていません。険しい山道が続いています。
気象条件やあなたの技量と体調をよく考えて、適切な装備を準備した上で、くれぐれも慎重に判断し自己責任で行動してください。
自然へのインパクトを出来る限り少なくするよう心がけましょう。
http://www.lnt.org/


「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2011
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 >積雪期>残雪期>矢筈山(1848) > 平成20年4月20日

http://shumiyama.web.fc2.com/
「趣味の山歩き ますます深くなる 近くの山域」 趣深山
Copyright(c) 2002-2011  趣深山 All Rights Reserved
サイトポリシー
ご意見 ご感想 お問い合わせ など お待ちしてます。 

このページの先頭へ

inserted by FC2 system