「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2011
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 >積雪期>剣山 次郎笈 高ノ瀬 三嶺
>三嶺(1893) 高ノ瀬(1741) 丸石(1683) 次郎笈(1930) 剣山(1955) > 平成19年1月20日


三嶺(1893) 高ノ瀬(1741) 丸石(1683) 次郎笈(1930) 剣山(1955)


★概念図



記録


平成19年1月20日  曇り 晴れ

三嶺(1893)高ノ瀬(1740)丸石(1683)次郎笈(1930)剣山(1955)

【コースタイム】

名頃 4:59 -- 平尾谷登山口 5:39 -- 三嶺 (7:39-7:56) --カヤハゲ 8:33--白髪分岐 9:06--白髪避難小屋 9:19 --1700m三角点 9:41 -- 1732m 標高点 (10:01-10:11)--石立分岐 10:40--高の瀬 (11:00-11:13) -- 倒壊した小屋 11:33--奥祖谷かずら橋下山口 11:48 -- 丸石避難小屋 11:50 -- 丸石 (12:16-12:36) --スーパー林道下山口 12:48-- 次郎笈 (13:40-13:49) -- 剣山 (14:25-14:44) --西島リフト駅 14:59 --剣神社 15:20 --- 見越 15:24--奥祖谷かずら橋 16:40---名頃 17:11


【距離】
累計歩行距離 31.350km 累計標高差 2898m
(地図上の高度で計算)50mメッシュ標高使用
【同行者】
なし

この時期にしては 雪が少なく 夏道が露出しているところが多かった。

三嶺山頂「マイナス3.2度 3-4m 西風 曇り 剣山まで見えていたが ガスが流れてきて 見えなくなった」

高ノ瀬山頂 「2.2度晴れ 1m風弱い日差しが出て暖かく感じる。」

丸石 「2.5度 2m 曇り 次郎笈の西側縦走路は 雪が少ない」

剣山山頂 「4.0度 2m 曇り 三嶺はガスがかかっている。次郎笈北面は雪がある」

見ノ越への下山路は舗装路のようなトレース。

見ノ越から国道439号を名頃まで歩く。

見ノ越から名頃まで、無雪期は自転車で快適に下れるが 例年の雪の量だと1月の自転車はちょっと怖い。雪の少ない、今冬 歩いてみると 路面に雪がなく 自転車が使えたかもしれないが、やはり 剣山スキー場から夫婦池までは路面に雪が残っていた。微妙な差で路面の雪が残ったり消えたりしているので、、この時期、自転車でこの区間を下るのを初めから計画し予定しているのは 転倒の恐れがあり 自転車の雪道用タイヤでも使わないとかなり危険と思われる。

写真



三嶺(1893)山頂から剣山方面を見る。 




三嶺山頂から西熊山方面。


白髪避難小屋






1732m標高点付近。
剣山 次郎笈はが見える



丸石避難小屋。




野生動物は雪が少ないので活発に動き回る。




次郎笈 水場トラバース道分岐







次郎笈山頂





剣山山頂から次郎笈を見る。



剣山山頂


雪のない 見ノ越




見ノ越から名頃へ国道439号を歩いていく。
名頃の手前で三嶺を見上げる。


このページの先頭へ

断面図



【距離】
累計歩行距離 31.350km 累計標高差 2898m
(地図上の高度で計算)50mメッシュ標高使用

GoogleEarth, Google Mapsによるトラックログ表示



GoogleEarth
GoogleMaps

  Google Earth, Google Maps ,World Wind

このページの先頭へ

★天気図

平成19年1月20日9時 
地上天気図
平成19年1月20日9時
高層天気図 700hPa 850hPa

気象庁 提供

このページの先頭へ


平成19年1月20日 第一版

ご注意
この登山道は十分には整備されていません。険しい山道が続いています。
気象条件やあなたの技量と体調をよく考えて、適切な装備を準備した上で、くれぐれも慎重に判断し自己責任で行動してください。
自然へのインパクトを出来る限り少なくするよう心がけましょう。


「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2011
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 >積雪期>剣山 次郎笈 高ノ瀬 三嶺
>三嶺(1893) 高ノ瀬(1741) 丸石(1683) 次郎笈(1930) 剣山(1955) > 平成19年1月20日

http://shumiyama.web.fc2.com/
「趣味の山歩き ますます深くなる 近くの山域」 趣深山
Copyright(c) 2002-2011  趣深山 All Rights Reserved
サイトポリシー
ご意見 ご感想 お問い合わせ など お待ちしてます。 

このページの先頭へ

inserted by FC2 system