「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2007
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 >無雪期>津志嶽>平成18年4月22日


無雪期

津志嶽 (1494)  

★概念図



★記録


平成18年4月22日 曇り 雨 津志嶽 (1494)

【コースタイム】

古見 5:20--大横 6:23--桂 6:52-- 阿南幹線 160番鉄塔 8:11-- 津志嶽山頂 (9:30-10:38)---秋葉山 (11:58-12:15) ---国道438号 13:56 -- 古見 14:11

【同行者】 なし

【距離】

累計歩行距離 14.551km 累計標高差 1482m
(トラックログをもとに手動でルート設定し計算。)

【記録詳細】

古見から県道木地屋赤松線を歩き、
つるぎ町大横の 桂の巨樹を見学。送電線160番鉄塔へ向けて登る。

1200m付近からチラホラ新雪が残っていた。

津志嶽山頂「11.8度 1m 曇り 新たな新雪が チラホラ。矢筈山 黒笠山には残雪と新雪が見える」


久藪方面への下山路を取り、津志嶽神社の先で久藪方面と別れ、秋葉山経由十家へ下る。



十家から下り道。 山道の上にモノレールが二階建て。

かなり急な箇所でもモノレールが敷設されている。
乗り換え箇所やスイッチバック箇所などがあった。

昼過ぎからポツポツ降り出したが、古見に戻るころ雨粒が大きくなった。



★コースメモ

このページの先頭へ

★トラックログ



平成18年4月22日etrex-legend GPSトラックログ
「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものです。
(承認番号 平15総使、第387号)」
●二万五千分の一地図 「阿波古見」



トラックログをもとに手動でルート設定し断面図作成。
カシミール(杉本智彦氏作)利用



カシバード鳥瞰図

カシミール(杉本智彦氏作)利用


【Google Earth】
【GoogleMaps】

このページの先頭へ

★天気図

平成18年4月22日 9:00地上天気図 平成18年4月22日9:00高層天気図700hpa 850hpa

このページの先頭へ


平成18年4月22日第一版

ご注意
この登山道は十分には整備されていません。険しい山道が続いています。
気象条件やあなたの技量と体調をよく考えて、適切な装備を準備した上で、
くれぐれも慎重に判断し自己責任で行動してください。自然へのインパクトを出来る限り少なくするよう心がけましょう。
http://www.lnt.org/

「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2007
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 >無雪期>津志嶽>平成18年4月22日

http://shumiyama.web.fc2.com/
「趣味の山歩き ますます深くなる 近くの山域」 趣深山
Copyright(c) 2002-2007  趣深山 All Rights Reserved
サイトポリシー
ご意見 ご感想 お問い合わせ など お待ちしてます。 

このページの先頭へ

inserted by FC2 system