「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2007
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 >無雪期>久保 牛の背(1757) 天狗塚(1812) 西熊山(1815) 三嶺(1893) 菅生  > 平成17年5月3日


無雪期

久保 牛の背(1757) 天狗塚(1812) 西熊山(1815) 三嶺(1893) 菅生


徳島県三好郡東祖谷山村
高知県香美郡物部村

ここで紹介している山々は、本州の著名山に比べると、登山道や指導標は未整備です。
それは自然が多く残っていて、この山域のいいところなのですが、この山域では、登山者は自己責任での行動が求められます。

コースタイムはご参考程度にしてください。
●この山域への 交通機関 アクセス
●この山域の地形、地質と気象
剣山山頂の気象(平年値極値)

●二万五千分の一地図 「久保沼井」「京上」

★概念図


●二万五千分の一地図 「久保沼井」「京上」
平成17年5月3日  晴

【コースタイム】

久保  6:55 --亀尻峠 8:40 -- 牛の背三角点 (10:57-11:14) ---岩峰にて休憩 (11:19-11:41)  -- 天狗塚山頂 (12:13-13:16) -- 天狗峠 13:30 -- お亀岩 14:03 -- 西熊山 (14:23-14:36) -- 三嶺 (15:42-16:08) -- 作業小屋跡 17:04 -- 菅生 いやしの温泉郷 ( 青少年旅行村 ) 17:41

下りはデポしてあった自転車で快走。 菅生 いやしの温泉郷 ( 青少年旅行村 ) 自転車発 17:50 --いやし温泉郷入り口 17:53--久保バス停(前田商店 三嶺タクシー)18:06- 久保駐車地点 着 18:10

【距離】

累計歩行距離 21.445km 累計標高差 2076m

【詳細】

下山のことを 考え 予め 菅生 いやしの温泉郷 ( 青少年旅行村 )へ 自転車をデポしておく。

久保の祖谷川を渡った付近で駐車し 出発。

農道 西山下線 で 西山集落の中を 歩いて登る。
沿道では 朝早くから 農作業している 住民の方が多く、途中 挨拶しながら登る。斜面の 畑では 苦労が多そうだ。

西山林道 へでて 亀尻峠への 道を辿る。土砂崩れや 浸食が進み 大きくえぐられたりして 荒れてきている。

亀尻峠 から 牛ノ背への尾根を 辿り、樹林帯を抜けると 絶好の展望が開け、対岸の 寒峰から矢筈山 黒笠山 の 稜線がしっかり見える。

牛ノ背三角点 「13度 1-2m 風が弱くなって すがすがしい天気だ。快晴 赤星山 笹ヶ峰山系 石鎚山系などの遠望が楽しめる」

牛ノ背付近では あまりに気持ちがいいので 休憩が のびのびになり さらに 天狗塚山頂でも 十分 眺望を楽しんだおかげで しっかり 遅くなってしまった。

天狗塚山頂 「17.4度 1-2m 微風 綱附森の方に 高い雲が少し出てきた。 」

遅くなったが これから縦走を 始める。 

もう 時間的に遅いせいか、 連休でも 思ったより すいていて 山頂では 滞留している人に会うが それ以外では 縦走路は閑散としている。

フィックスロープのところで 一人の方とすれ違う。

西熊山 山頂 「16.8度 3m」 

三嶺山頂 「11.8度 3m 西風が心地よい。 剣山 次郎笈 石立山 白髪山 天狗塚 すべて見える」 

三嶺の池の 付近の残雪は小さくなっていた。

菅生へ下山する。

モノレールの 終端部では 施設の工事が進んでいた。

いやしの温泉郷 の駐車場は さすがに連休だけあって 久しぶりに 車がいっぱいであった。

自転車で 久保の駐車地点に戻る。
★コースメモ

このページの先頭へ


★トラックログ



●二万五千分の一地図 「久保沼井」「京上」
2005年5月3日 etrex legend-J GPSトラックログ
「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行のの数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものです。(承認番号 平15総使、第387号)」


断面図 カシミール(杉本智彦氏作)
トラックログはetrex legend J 使用

GoogleEarth

Google Maps

このページの先頭へ


★ 写真

朝 いやしの温泉郷の駐車場
夕方下山すると この駐車場が満杯だった
西山集落から 天狗塚
地滑り対策の集水井戸がある
斜面の畑 亀尻峠への道 新緑
亀尻峠 中津山 寒峰 落合峠が見える
天狗塚が見える 牛ノ背三角点 
 後ろは 矢筈山 黒笠山
天狗塚 天狗塚山頂 
三嶺 剣山 次郎笈が見える
お亀岩避難小屋 西熊山山頂
三嶺方面 近づく三嶺
三嶺山頂 残雪が小さくなった
 4月24日の写真
菅生下山道 林業作業小屋跡
今冬の雪で崩壊が進んだようだ
モノレールの終端部
施設の工事が進んでいる
新緑の中のモノレール 菅生蔭の  人家へ降りてきた

いやし温泉郷登山口

★天気図

平成17年5月3日9時 
地上天気図
平成17年5月3日9時
高層天気図 700hPa 850hPa

気象庁 提供 

このページの先頭へ


★前回の登山記録


平成17年5月3日 第一版
ご注意
この登山道は十分には整備されていません。険しい山道が続いています。
気象条件やあなたの技量と体調をよく考えて、適切な装備を準備した上で、くれぐれも慎重に判断し自己責任で行動してください。
自然へのインパクトを出来る限り少なくするよう心がけましょう。


「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2007
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 >無雪期>久保 牛の背(1757) 天狗塚(1812) 西熊山(1815) 三嶺(1893) 菅生  > 平成17年5月3日

http://shumiyama.web.fc2.com/
「趣味の山歩き ますます深くなる 近くの山域」 趣深山
Copyright(c) 2002-2007  趣深山 All Rights Reserved
ご意見 ご感想 お問い合わせ など お待ちしてます。

このページの先頭へ

inserted by FC2 system