「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2007
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 >無雪期> 三嶺(1893) 高の瀬(1741) 次郎笈(1929) 剣山(1955)> 平成17年4月24日


無雪期

三嶺(1893)高の瀬(1740)次郎笈(1929)剣山(1955)

徳島県美馬郡つるぎ町 (旧一宇村)
徳島県三好郡東祖谷山村
高知県香美郡物部村

ここで紹介している山々は、本州の著名山に比べると、登山道や指導標は未整備です。
それは自然が多く残っていて、この山域のいいところなのですが、この山域では、登山者は自己責任での行動が求められます。

コースタイムはご参考程度にしてください。

●この山域への 交通機関 アクセスはここをご覧下さい
★ このコースの標識 案内板 地図のページ
★概念図

●二万五千分の一地図 「剣山」 「京上」 「久保沼井」 「北川」
平成17年4月24日  快晴 

【コースタイム】
名頃 6:12 -- 平尾谷登山口 6:43 -- 三嶺 (8:20-8:37) --カヤハゲ 9:11--白髪分岐 9:36--白髪避難小屋 9:43 --1700m三角点 10:03 -- 1732m 標高点 (10:26-10:47)--石立分岐 11:13--高の瀬 11:32 -- 倒壊した小屋 11:53--奥祖谷かずら橋下山口 12:06 -- 丸石避難小屋 12:08-- 丸石 (12:36-12:55) --スーパー林道下山口 13:07-- 次郎笈 13:56 -- 剣山 (14:43-15:03) --西島リフト駅 通過15:26 -- 見越 15:54

見ノ越から名頃への 下りは デポしてあった自転車で ダウンヒル標高差500m快走。
  自転車(見ノ越16:10 出発 名頃 着 16:37)

【距離】
累計歩行距離 22.951km 累計標高差 2581m

【詳細】
名頃の 三嶺林道 入り口付近で駐車し出発。

朝冷え込んだが、快晴の朝である。
しっかり 眺望を楽しめそうだ。

1400mくらいから 所々に 残雪が残っている。三嶺ヒュッテの池の付近には しっかり残雪がある。

三嶺山頂 「9.2度 風1m 快晴 心地よい風だ。天狗塚 梶が森 綱附森 全て見える。 剣山は まだ遠い」

1732標高点 「9.6度 4m 気持ちの良いところだ」

丸石 「11.7度 3-4m 心地よい風だ 歩いてきた三嶺が遠くになったが、次郎笈は直ぐ近くになった。 」

剣山山頂 「陽が差すと 9.8度 3-4mの南風 陽がかげると 8.6度 じっとしていると肌寒い リフトが動いているせいか 人はでているが みんな寒いので 早々に 山頂を立ち去る。」

剣山頂上ヒュッテは まだ締まっていた。

リフト運転時に西島駅付近を通過するが、平成10年の痛恨の失敗で懲りて 意志が強くなったのか 赤提灯に吸い込まれることはなく 徒歩で見の越着。

見ノ越では リフトは動いていたが 駐車場は はほんの少しの車が 止まっているだけで 店屋は閉まっているところも 何軒もある。

名頃に着くと 桜が咲いていた。
★コースメモ

このページの先頭へ


★トラックログ


●二万五千分の一地図 「剣山」 「京上」 「久保沼井」 「北川」
2005年4月24日 etrex legend GPSトラックログ
「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行のの数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものです。(承認番号 平15総使、第387号)」


断面図 カシミール(杉本智彦氏作)
トラックログはetrex legend 使用
標識が整備されましたが 実際のところ 標識類の表示の距離数はGPSトラックログなどで計測したのとは差があります。
このコースの標識 案内板 地図のページへを参照して下さい。

GoogleEarth

Google Maps

このページの先頭へ


★ 写真

名頃 三嶺林道入り口 平尾谷より三嶺を見上げる
三嶺ヒュッテ付近 残雪 三嶺山頂
三嶺山頂から剣山 遠い 三嶺山頂から 天狗塚方面
登山道に残る残雪 三嶺を振り返る
白髪避難小屋 白髪山
1732付近 1732から南面をまいて行く
以前は笹漕ぎのトラバースであったところ
高ノ瀬へ250m 
 3月は雪で埋まっていた標識
だんだん 剣山が近づく
荒廃した 旧 避難小屋 丸石避難小屋
丸石から 剣山 次郎笈 次郎笈 山頂へ 
剣山からピストンしている人が多い
次郎笈を振り返る 沢沿いに残雪 剣山山頂
剣山山頂から三嶺を見る
三嶺が 遠くになった
頂上ヒュッテは まだ締まっていて
営業はしていない
登山道の残雪 リフトは動いているが、徒歩で下山
降りてきた神社の階段を振り返る 名頃は桜が満開で見頃

★天気図

平成17年4月24日9時 地上天気図 平成17年4月24日9時 高層天気図 700hPa 850hPa

気象庁 提供 

このページの先頭へ


平成17年4月24日 第一版
ご注意
この登山道は十分には整備されていません。険しい山道が続いています。
気象条件やあなたの技量と体調をよく考えて、適切な装備を準備した上で、くれぐれも慎重に判断し自己責任で行動してください。
自然へのインパクトを出来る限り少なくするよう心がけましょう。


「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2007
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 >無雪期> 三嶺(1893) 高の瀬(1741) 次郎笈(1929) 剣山(1955)> 平成17年4月24日

http://shumiyama.web.fc2.com/
「趣味の山歩き ますます深くなる 近くの山域」 趣深山
Copyright(c) 2002-2007  趣深山 All Rights Reserved

ご意見 ご感想 お問い合わせ など お待ちしてます。


このページの先頭へ

inserted by FC2 system