「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2007
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 >積雪期 > 牛の背(1757)天狗塚(1812)西熊山(1815) >平成17年2月5日


積雪期

牛の背(1757)天狗塚(1812)西熊山(1815) 

西熊山 北尾根経由

徳島県 三好郡東祖谷山村 高知県香美郡物部村

ここで紹介している山々は、本州の著名山に比べると、登山道や指導標は未整備です。それは自然が多く残っていて、この山域のいいところなのですが、この山域では、登山者は自己責任での慎重な行動が求められます。コースタイムはご参考程度にしてください。
☆ 山行記録の編集方針について  もご覧下さい。
●この山域への 交通機関 アクセス
●この山域の地形、地質と気象
剣山山頂の気象(平年値極値)
●二万五千分の一地図 「京上」「久保沼井」

★概念図

★記録

平成17年2月5日 晴れ

西山集落 駐車地点 5:48--西山林道 砂防ダム付近 6:49--稜線 8:09--樹林限界 9:57-- 牛の背三角点 10:42--天狗塚山頂 (11:28-11:48)--イザリ峠 12:10 --綱附森分岐 (12:14-12:37) --お亀岩 13:11-- 西熊山 (14:03-14:41)--ふるさと林道阿佐名頃線 16:19 ---西山林道 天狗峠登山口 16:45 ---西山集落 駐車地点 17:54

累計歩行距離 18.285km 累計標高差 1661m

先週と同じ  西山集落の先で 駐車し、まだ暗い中 出発。
今週の大型寒波で 林道の積雪は 先週より グッと増えている。

西山林道の砂防ダムの付近から取り付くころには 明るくなってきた。
新たな積雪で 先週のトレースは消えている。 

稜線に上がるまで まずは しっかり ラッセルとなる。
その後も樹林帯を 抜けるまで 雪が深かった。

樹林限界で 後からきた 讃岐富士さん[讃岐富士の自然との触れ合い]に追いつかれる。
讃岐富士さんとは このところ この付近で 2回連続 僅かの時間差でニアミスしていた。3度目の正直か。

樹林を抜け 雪原に出ると クラストした 雪面となり快適になった。 この頃から 標高の高いところにあった ガスが晴れ 天候が良くなった。

牛の背三角点 「マイナス4.8度 7.6m 北風 風 やや強い 天気よく 三嶺はじめ すべてよく見える」

天狗塚山頂「マイナス4.6度 9m 北風 風強い 晴れ 剣山 次郎笈 矢筈山系 全て見える」

綱附森分岐で 讃岐富士さんと 別れ お亀岩へ 下る。

先週より また 新たに かなり積雪が増えている。フィックスロープもすっかり雪の下になった。

お亀岩避難小屋の屋根も しっかりと 積雪が増えていた。

西熊山山頂 14:20「マイナス6度 7.5m 北風 三嶺はしっかり見える。 天狗塚 牛の背には 時折 ガスがかかる」

もう時間的に 遅いので 今日の縦走コースは ここまででとして 下ることとする。

すこし 戻ったところから 西熊山西側の北尾根を下る。
小ピークにたつと これから下る 尾根が見える。

西熊山西側の北尾根は 無雪期には何度か 通っているが 積雪期は 初めてである。

尾根は幅が広く 途中 素晴らしい雪原があるものの 樹林帯では 樹木に付いた積雪で 見通しが悪かった。
慎重に 方角を 確かめ 枝尾根にはいらぬように 注意して下っていって、 伐採作業用の作業道がある 箇所にでた。

ここで 作業道は 北東方向へ ジグザグ曲がって降りていき ふるさと林道阿佐名頃線へ 下っていくので、帰り道としてはまことに 効率が悪い。
そこで 西側の枝尾根を 多い積雪を活かして一気に下り ふるさと林道阿佐名頃線へ降り立つ。

林道は 先週より 雪が多く しっかり ラッセルとなる。

西山林道天狗峠登山口に辿り着くと  讃岐富士さんからの書き置きが雪面に書かれていた。

これからは トレースあり。

このページの先頭へ

☆コースメモ

このページの先頭へ


★断面図


2005年2月5日 etrex-legend-J GPS
●二万五千分の一地図 「京上」「久保沼井」


カシミール(杉本智彦氏作)利用

GoogleEarth

Google Maps

このページの先頭へ


★写真

西山集落 付近 積雪状況 林道 を歩く
樹林帯を抜けるあたり 樹林限界 付近
気持ちの良い 雪面 牛の背三角点を後にして
天狗の池 と 天狗塚山頂 天狗塚山頂 直下の登行
牛の背 天狗塚山頂 標識は倒れている
天狗塚をあとに 三嶺 剣山 次郎笈を見る
お亀岩への下り 雪庇に注意してお亀岩へ下る
お亀岩 お亀岩避難小屋と西熊山
お亀岩避難小屋 お亀岩と天狗峠方面を振り返る
西熊山山頂付近 定点観測点 西熊山山頂
西熊山北尾根 幅の広い尾根だ 樹林帯の中は見通しが悪い
途中の雪原から三嶺を見る 西熊山北尾根 樹林帯の下り
ふるさと林道阿佐名頃線へ出てきた 西山林道 天狗峠登山口

このページの先頭へ


★天気図

平成17年2月5日9時 地上天気図 平成17年2月5日9時 高層天気図 700hPa 850hPa

気象庁 提供

このページの先頭へ


★定点観測地点

定点観測 積雪量比較[ 天狗塚 山頂 ][ 西熊山 山頂 ]
三嶺天狗塚積雪量変化 2004年

平成17年2月5日 第一版

ご注意
この登山道は十分には整備されていません。険しい山道が続いています。
気象条件やあなたの技量と体調をよく考えて、適切な装備を準備した上で、くれぐれも慎重に判断し自己責任で行動してください。自然へのインパクトを出来る限り少なくするよう心がけましょう。

「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2007
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 >積雪期 > 牛の背(1757)天狗塚(1812)西熊山(1815) >平成17年2月5日

http://shumiyama.web.fc2.com/
「趣味の山歩き ますます深くなる 近くの山域」 趣深山
Copyright(c) 2002-2007  趣深山 All Rights Reserved
サイトポリシー
ご意見 ご感想 お問い合わせ など お待ちしてます。 

このページの先頭へ

inserted by FC2 system